快適お風呂のために

快適お風呂のために
引用:引用元一覧に記載

お風呂場の排水溝が詰まる原因・すぐに始められる予防

お風呂場は毎日使うところですので、掃除もきちんと行っておられるかと思います。
しかし排水溝を毎日洗うということはあまりないでしょう。
ある日突然排水溝が詰まってしまって水が流れないといった事態にもなります。
そのためにも定期的な手入れをしていきたいものです!

そもそも排水溝が詰まってしまう原因は主に髪の毛、垢やフケ、石鹸かすが排水溝内で固まってしまうことにあります。
しかしお風呂場でこれらを全部流れないようにするのは、流石に現実的ではありません。
しかし、詰まりを予防することなら簡単にできます。

例えば排水溝の中に髪の毛などの異物が流れないよう受け皿やカバーをセットします。
これだけでも詰まりづらくなりますし、髪の毛が受け皿に溜まったら定期的に捨ててしまえば綺麗になりますので掃除も楽になります。

スーパーの日用品コーナーで販売されていますので、詰まりが気になる方はぜひ一度利用してみて下さい。

しかし排水溝カバーをしていても小さなゴミや石鹸かす、垢などは防ぎきれません。
これらは蓄積することによって詰まりの原因となってしまいますので、一カ月に一度は排水溝の中を洗浄する事をお勧めします。
固まって取れなくなる前に洗浄剤を使って流してしまうことで、詰まりが予防できます。
こちらのパイプ洗浄剤もスーパーなどで販売されていますので、手軽に始められると思います。

お風呂の水漏れのほとんどは劣化が原因

お風呂での水漏れは、さまざまな種類と原因があります。
蛇口、給湯器、換気扇、洗い場、浴槽、サーモスタット、シャワー…。
お風呂の水漏れの多くは、老朽化によるものです。
ある程度は仕方ないのです。
中でも以下の水漏れが多くなっています。

・シャワーヘッドの接続部分
・サーモスタットの故障
・蛇口部分の水漏れ

シャワーの水が出るシャワーヘッドからの水漏れも多いトラブルです。
シャワー自体の老朽化、もしくはシャワー板の目詰まりが考えられます。
シャワーヘッドの交換は、ホームセンターやネットで売っている部品を使って意外と簡単にできることがあります。
左回しで取り外しできるはずです。
破損でも水漏れの原因になってしまうので、シャワーヘッドなどは日頃から落とさないように気をつけることも大事です。

カランと呼ばれるお風呂の蛇口の部分も水漏れを起こしやすい箇所です。

バスタブと浴室の壁の間には、「シリコン系充てん剤」が入って隙間を埋めています。
しかし、お風呂を長く使っていると、経年劣化により隙間ができます。
するとバスタブと壁の間に水が漏れ、浴槽の土台や壁にカビが発生したり、壁が腐ったりすることにつながってしまします。
なかなか気づきにくい箇所ですが、もし浴槽と壁の間の隙間を発見したら、必ず早めに修理しましょう。

とっても簡単!毎日のお風呂掃除をラクにする方法とは?

お風呂の掃除、面倒と感じている方も多いと思います。
(私もその一人です…!)

今のお風呂を見てみましょう。
もし、水垢やカビなどが目につく状態ならば、時間はかかりますが一度本格的に掃除をしましょう。
天井や床などにもカビは繁殖しますのでカビとり剤を使用して落として下さい。

浴槽の汚れが酷い場合は、お風呂用の洗剤を付けてしばらく放置し洗い流すという工程を繰り返すことで、湯垢などが取り除けます。
溜まってしまうと段々と取りづらい汚れになってしまいます。
まず日々のラクな掃除のために、一気に汚れを落としてしまうところから始めるのがオススメです。

掃除はお風呂に入った時に一緒にやってしまいましょう。

お風呂を終えたら浴槽の栓を抜きつつシャワーで床や壁、石鹸などの収納部分の汚れをさっと落とします。
汚れがびっしりこびりついていない状態であれば、お風呂を終えてからさっと流すだけで汚れの多くは流れてしまうのです。

浴槽の汚れも温かいうちに落としたほうが断然汚れは落ちやすくなっています。
終わってすぐにさっとスポンジでこすり洗いすると綺麗になります。
またカビの原因となる湿気の予防として、浴槽や壁や床などを冷水もしくは45℃以上のお湯でさっと流し水滴を拭き取ると良いでしょう。
(冷水はカビや雑菌の発生を抑え、45℃以上のお湯は死滅させる効果があります)

なお、「重曹」もお風呂掃除にとても役に立ちます。
少し汚れが気になってきたら、重曹水をふきかけておくだけでもかなりキレイになります。
排水口にも効きますよ。

毎日のお風呂掃除も時間を考えてやってしまうと格段に簡単になります。ぜひ一度お試し下さい。

このページの先頭へ