快適キッチンのために

快適キッチンのために
引用:引用元一覧に記載

キッチンの排水口の詰まりの大きな原因とは

主婦の方ならほぼ毎日使っているキッチンですが、排水口が詰まってしまって困った経験のある方も少なくないですよね。
快適にお料理をしたり食器洗いをしていくために、普段から排水口の詰まりをさせないちょっとした工夫をしてみませんか?

そもそも、なぜ、キッチンの排水口が詰まってしまうのか…。
原因はいくつかあるのですが、大きな原因のひとつが「油」関係です。

揚げ物油をそのままシンクに流してしまう人はいないと思いますが…。
フライパンや揚げ物用の鍋に付いてしまった油が排水口に付いて、それが蓄積すると詰まってしまうことがあります。

一回の洗い物では確かに少量の油ですから、大したことはありません。
きちんとお掃除をしないと知らないうちに排水口の油汚れが大きくなり、結果的に水の流れる部分が狭くなって詰まってしまいます。

それを防ぐためには、油汚れの多い物はまずキッチンペーパーなどである程度拭きとって、それから洗剤を使って洗うだけでもかなり違ってくるんです。

また普段のお手入れとしては「重曹」と「クエン酸」を組み合わせて、排水口の油汚れを定期的に落としてあげることがお薦めです。
それでも詰まってしまうケースはありますので、本当にお困りの際は弊社にご依頼いただければと思います。

キッチンの水漏れ防止の豆知識

特にキッチンなどの水回りは、老朽化により水漏れが起こってしまうこともあります。
この水漏れのトラブルは、主に蛇口・水栓部分ですが、シンクの下の給排水部分から水漏れが起こることもあります。

このような水漏れは、原因になる状況を把握しておくだけでも改善できます。
ある程度の知識を持ちつつ、毎日快適にキッチンを使うことが重要なのです。

蛇口・水栓部分部分については、使い方で水漏れが起こるというよりは経年劣化により起こります。
この水栓・蛇口部分の故障個所はある程度決まっており、パッキン、スパウト、バルブのどれかが破損、あるいは故障していたり、カートリッジの押さえがゆるむ水漏れします。

ですから、これらの部分を点検するというのも良い方法です。
さらに、日頃から排水管に物が詰まらないように、食べ残しなどはしっかりと捨ててなるべく物を流さないようにしましょう。
このように、普段から気をつけておくことが大切です!

さらに、シンク下から水漏れが起こってしまった場合には応急処置として、専用のテープなどで補修しておくのも良い方法です。
しかし、このような補修作業は一時的なものです。
対策の後には、しっかりとした修理を行っておいた方が良いでしょう。

キッチンを綺麗に保つコツ

最後に、キッチンの掃除のコツやポイントに注目してみましょう。

キッチンを快適に保つ最大の要因は、毎日細かく掃除することです。
これは5分もあればできることです。
油汚れ等は蓄積すると、掃除するのが大変です。
またその大変さが分かっているだけに、中々やる気が起きませんよね…。わかります!

しかし、毎日の掃除で、蓄積する前の汚れを容易に取り去ることができます。
キッチンが毎日掃除してピカピカだと、「綺麗な状態を保ち続けよう!」というテンションを維持できます。

このキッチンの掃除に抜群に便利なのが重曹です。
重曹とスポンジで、シンクを傷つけずに掃除できます。
掃除後にはお湯で流すだけで、自然に排水溝の掃除にもなります。

水道の蛇口も重曹をかけて磨くと、驚くほどピカピカになります。
五徳は、重曹を溶かしたお湯に浸し、こするだけで簡単に綺麗になるんです。
コンロ周りも重曹と水のペーストをかけて擦ると、油が落ちやすくなりますよ。

重曹は、換気扇のギトギトした油汚れにも抜群の効果を発揮します。
安価で人体には無害、肌荒れの心配もない重曹、キッチン掃除の主役となります!
是非お試し下さい。

このページの先頭へ