快適トイレの豆知識

快適トイレの豆知識
引用:引用元一覧に記載

トイレのつまりを防止する方法

水漏れが発生してしまうときは排水管などの老朽化が原因のことが多いですが、トイレのつまりが発生してしまうときは人為的な要因が多くなります。

トイレのつまりの原因で多いのが、「トイレットペーパー以外のものを流してしまう」ことです。
特に多いのが便座を拭くためのシートや、おむつやティッシュペーパーなどです。
特に便座を拭くためのシートは、「そのままトイレに流すことができる」と謳われているものも多く、掃除をして便器に流してしまいがちです。
少ない量だとそれほど影響はありませんが、大量に流してしまうとトイレのつまりを引き起こしてしまうことがあります。

おむつやティッシュペーパーはさらに水に溶けにくい性質があり、トイレのつまりが発生する原因になります。
トイレにはゴミ箱を設置するようにして、トイレットペーパー以外のものはゴミ箱に捨てるようにしましょう!

トイレットペーパーに関しても、大量に流してしまうとトイレのつまりが発生する原因になり得ます。
小分けにして流すように心がけるようにしましょう。

また、トイレのつまりを防止するためには、パイプの定期的な洗浄が大切です。
専用のパイプクリーナーを用いて洗浄すると効果的です。

トイレの水漏れを防ぐメンテナンス

日常生活において欠かせないのがトイレです。
生理的現象ということもあり、トイレ無くしては生活できません。
そのトイレを快適な状態に保つ、水漏れの防止法に注目してみましょう。

まずよくあるのが、パーツの経年劣化による水漏れです。
トイレはトイレタンク、便座、ウォシュレット、床等で構成されています。
そしてそのそれぞれが給水パイプ等で接続されています。
その接続部のパッキンの劣化や、ネジ・ボルトの緩みが原因で水漏れが起こります。

さらに良くある水漏れの原因が、トイレタンクです。
トイレタンクは、ゴムフロートやボールタップ、オーバーフロー管など様々な部品から成り立っています。
それゆえに容易にパーツがずれて不具合が生じ、水漏れが発生しやすくなっています。

こうした原因で起きる水漏れ、日ごろからのメンテナンスが重要です。
まずパイプの接続部のネジやボルトを、しっかり確認するようにしましょう。
緩いならしっかりと締めます。
そしてトイレタンク、内部に異物が入り込まないことが重要です。

トイレタンクに入れるタイプの洗浄剤が、タンクの動作に干渉しないよう注意しましょう。
水量を減らすペットボトル等も同様です。
また、トイレでは結露が生じることがあります。
結露もトイレや床を痛め、パーツの劣化を早めます。
こまめに換気をしたり、結露防止コーティング剤を使用したりするようにしましょう。

簡単なトイレ掃除の方法や便利なトイレ掃除グッズ

トイレ掃除は、時間がかかってしまうものと考えている方が多いのですが、現在では簡単に掃除ができる方法やトイレ掃除グッズが販売されています。

トイレ掃除の前に重要なのは、できるだけトイレを汚さないようにすることです。
男性の場合は、洋式トイレでも立って小便をする方が多いですが、女性のように座って用を足すことで汚れを抑えることができます。
とはいえ、実際はなかなかすもいきませんよね…。

トイレの簡単な掃除の方法ですが、まずはトイレの周辺を掃除しましょう。
特に男性がお住いのトイレは、周辺が汚れやすくなります。
トイレットペーパーにトイレ用のクリーナーを染み込ませて、便器の外側や床を拭き取ります。

水や乾拭きだと十分に汚れを取ることができませんので、できるだけトイレ用の洗剤を使用しましょう。
また、ティッシュペーパーなどのトイレットペーパー以外のものを使用しないようにしましょう。

便器の中の掃除は、ブラシでゴシゴシと掃除をするイメージがあり、気が進まない方が多いです。
超強力トイレクリーナーを使用すれば、ブラシを使わずに便器の中をきれいにすることができます。
使用方法は簡単で、泡状になっている超強力トイレクリーナーを便器の中につけて、数分経ってからトイレを流すだけです。
この方法でブラシを使用することなく便器の中をきれいにできます。

週に1回でもトイレ掃除の回数を増やすと、とても快適なトイレになりますよ。

このページの先頭へ