快適洗濯機の豆知識

快適洗濯機の豆知識
引用:引用元一覧に記載

意外と知らない人もいらっしゃる、洗濯機の掃除の仕方。
ここでは、おおまかな手順をざっと紹介いたします。

二槽式洗濯機

脱水槽にも水が溜まるように排水ホースを上向きにします。

洗濯槽、脱水槽のどちらも高水位までぬるま湯を溜めます。

洗濯機クリーナー・洗剤等を洗濯槽と脱水槽に半分ずつ入れて、3分ほど運転して溶かしてから電源を切り、蓋をして3〜4時間放置します。

水を捨てずに1サイクル運転してすすぎます。

槽の中まだ汚れが残っていたらもう一度運転して排水します。

縦型全自動洗濯機

二層式洗濯機と同じようにぬるま湯を高水位まで入れます。

洗濯機クリーナー・洗剤等を入れて、標準コースの洗いのみに競ってして3分くらい動かします。

お湯を溜めたまま3時間くらい放置してもう一度スタートを押します。

排水してから脱水します。

その後、すすぎ〜脱水を2回くらい行いきれいになったら終わりです。

どちらの洗濯機も必要なものは洗濯機クリーナー・洗剤のみです。
洗濯機の黒かびを発生するのを防ぐには、洗剤の使用量を守ることが大事です。
入れすぎると、溶け残って、カビの栄養分になってしまいます。

市販のクリーナーや洗剤では、効果がいまいちな時があります。
その時は「酸素系漂白剤」を使ってみましょう。
※市販クリーナーは「塩素系」が多いんです。

また、どれくらいで掃除をしたら良いのでしょうか。
2〜3ヶ月に一度くらいは行うのが望ましいです。
特に子どもは、外から汚れを持ち込むので、汚れが激しいです。
できるだけこまめに掃除をすれば黒カビを防げます。

ドラム式洗濯機

ドラム式の洗濯機を利用する方もますます増えてきました。
乾燥まで行うことができ、干す手間も省けるのはのは大きなメリットです。

しかし!掃除を怠ってはいけません、カビの温床になる危険があるからです。
では、ドラム式洗濯機の掃除方法を簡単にご紹介します。

洗濯機内に何も入っていない事を確認します。そしてつけ置きコースの「洗いのみ」を設定します。
この際水位は一番低い水位を選びましょう。

ハイター等を50度弱のお湯10Lあたりに100g程入れ、こぼれないよう洗濯機に入れます。

「洗い」をスタートし、停止すると、洗濯機内の黒カビや汚れを取り除きます。

「すすぎ」「脱水」を行い、再度汚れを取り除き、乾燥させます。

排水フィルターを取り外し、絡まっている汚れ、ゴミを掃除して終了です。

上記のような方法で、簡単に掃除することが可能です。

いずれのタイプの洗濯機でも、肌が敏感な方やお子さんがいらっしゃる家庭では、ハイター等は危険かも知れません。

そのような場合は、コップ1杯の重曹に30mlの酢を混ぜ、代用することができます。
肌へのダメージを気にすることなく掃除ができます。

普段の生活では、意識して洗濯機の扉を開けておくことは有効でしょう。
換気ができて、カビが発生しにくくなるからです。

洗濯機の排水ホースの交換方法と交換時期

洗濯機を新しく買い替えてから、排水ホースの交換など考えたこともないという方も多くいらっしゃると思います。
毎日水を排水している以上、排水ホースは消耗品とも言えますが、洗濯機の下に位置していて、いつも見える状態のものではないことから、気に掛けなくなってしまいがちです。

古くなって劣化したホースは亀裂が入ったりして水漏れに繋がったり、詰まったゴミで臭いが気になる元になるものです。
何だか最近、洗濯機の辺りから変な臭いがする…といった場合には、排水ホースを交換してみるのも良いかと思います。
決して難し作業ではありませんので、手順をざっと紹介していきたいと思います。

用意するものは、ホームセンター等で売っている、洗濯機用の排水ホース。
「延長ホース」という名で売られていることもありますが、サイズが合えば大丈夫です。

あとは、「エルボ」と呼ばれる部品があります。
ホースを排水口に差し込む部品です。
実際にホースの交換作業をしていく中で劣化が見られたら、ホームセンター等で追加購入する形でも良いかと思います。

手順としては、

現在取り付けてある排水ホースを外してまいます。
金具等で止めてありますが、金具のねじをドライバーで回して緩めれば、簡単に外せる構造です。

次に、ホームセンターなどで新しく買ってきたホースを取り付けます。
ホームセンターでは「延長ホース」などの名前で売られていますが、問題ありません。
ホースにはサイズがありますが、これまで取り付けられていた同様になるよう、ハサミなどで切って調節します。

古いホースに付いてした金具は外して、新しいホースの口に差し込んで使いますが、金具はホースが外れないように止める為のものなので、シッカリと締め付けるようにします。

ホース先端へエルボを差し込みますが、水漏れなの心配を無くす為には、差し込んだ部分にビニールテープを巻いてあげるのも良いと思います。

ホース先端に取り付けたエルボを排水口に差し込んで完了です。

洗濯機の排水ホースを変えた方が良い時期は、だいたい2〜3年に1度といったところ。
毎日動かすものではなく、劣化状況によっては、2〜3年では全く問題ない場合も多いと思います。

水漏れの有無を確認しつつ、ホースからの臭いなどが気にならない状況であれば、交換は問題発生時の対処でも大丈夫だと思います。
紹介した通り、排水ホースは市販されているもので対応可能です。
しっかりと丁寧にやれば交換することができものです。
とはいえ、一方で、接続が難しかったり、なかなかうまくできない場合もあります。
その時はぜひ、私たちにご相談ください!
いつでも無料相談受付中です。

このページの先頭へ