水漏れ時の対応方法

水漏れ時の対応方法
引用:引用元一覧に記載

自分でできる!水漏れ時の対応

水漏れが起こった場合、その応急処置の方法を知っておけば対策も可能です。
水漏れを起こしやすい部分というのは住居にはたくさんあります。
台所の水道やシンク下の排水部分、洗面台の蛇口やパイプ下、風呂場の蛇口や給湯器、シャワー、トイレタンク、トイレの給水管や排水部分など各所から水漏れを起こす場合もあります。

水漏れしている場合は、複数の要因が原因となっていることがあります。
例えば混合水栓から水漏れしている原因は、バブルの故障やスパウトの故障などが疑われます。
これらの部分が損傷している場合は点検したり、あるいは交換となりますが、各部にあるナットなどを締める作業を行うだけで水漏れが収まる場合もあります。

さらに、作業をする場合に止水栓を止める必要もありますので、事前に止水栓のある場所などは調べておきましょう。
排水部分の水漏れ対策の為には、まず排水部分には普段から物をたくさん流したりしない事ですが、排水部分の水漏れが起こった場合は水を流しながら水漏れ部分を点検し、融着テープを用意し巻いておくと良いでしょう。

普段から水漏れ対策の為に置いておきたい工具は、ナットを締める為のペンチ、モンキー、プラス・マイナスドライバー、ピンセットなどです。
トイレの水が溢れる対策として、ラバーカップの用意。
排水部分の対策として、排水を洗浄する洗剤、ワイヤーブラシなどを用意しましょう。
普段から水回りの劣化具合なども点検しておけば安心です!

可動部分の負担が水漏れの最たる原因!?

暮らしの中でいつでも有り得る「水漏れ」。
その原因について簡単にお話します。
まず一番多いと思われる水漏れが「トイレ」によるものです。

単純な原因で一番多いのはやはり老朽化でしょう。
特にタンクは水漏れが発生しやすいです。

年数の経過によりネジがサビたり緩んだし、ジョイント部のパッキンが劣化してくると、水漏れが発生します。
水漏れというのは基本的に年月による部品の劣化がほとんどです。
蛇口、洗濯機、エアコンも水漏れする機器です。

蛇口の場合は、根本のジョイント部分から水漏れをおこします。
その時に無理な力をかけてしまうと、ジョイント部がダメになってしまうパターンがあります。

洗濯機で一番多いのは、給水ポンプ部分からの水漏れです。
これもやはりジョイント部のパッキンの劣化が主な原因です。

そして水漏れは、台所まわりでも多く発生します。
台所の蛇口は洗い物をするために稼働することが多いので、様々なゴミや油汚れなどが原因で故障することが多いです。
故障するパーツの代表は、ここでも蛇口の根元のジョイント部でしょう。
その部分が長い年月によって徐々に徐々に劣化していき、最終的に水漏れとなるのです。
普段の生活でも注意して丁寧に取り扱いしたほうがよいでしょう。

アパートやマンションなどの水漏れ時の対応方法

集合住宅での水漏れのトラブルは、 費用負担などがどこに行くのか、何処へ連絡したらよいのかなど迷ってしまう場合もあります。
水漏れのトラブルが起こった際には、まず原因がどこにあるのかをしっかりと調べてみることが大切です。
そして、可能であれば自分で行える簡単な補修作業をしておきましょう。

賃貸物件などの場合破損個所がわかっていれば、速やかに管理組合に連絡し修理をすることもできます。
マンションに関しても同様です。
この場合の修理費用の負担は、年数劣化による水漏れの場合大家さんの費用負担となります。
しかし、住民自身による水回りの破損や、物を詰まらせた事による水漏れなどの場合には、その住居に住んでいる人の費用負担となります。

マンションの場合は共有部分の水漏れなどになると、管理費・修繕費積立などから修理代金が支払われることになります。
しかし、自己責任や過失等で起こった水漏れの場合は、賃貸物件と同様に賠償責任があります。
特に集合住宅の場合には、下の階の人に水漏れ被害が出ることもよくありますので、個人賠償責任保険に加入しておくのも良い方法です。

特に集合住宅の場合は、水漏れの原因も複雑になり、賠償責任がどこにあるのかで解決しにくい場合も多いです。
いずれにしても、トラブルを事前に防ぐ為にしておくべきことはあります。
特に建物が古い場合は、配管などの老朽化の状況を事前にチェックしておくこと。
また、定期的な調査も行ってみましょう。

このページの先頭へ