給水管・排水管の豆知識

給水管・排水管の豆知識
引用:引用元一覧に記載

給水管のお手入れやメンテナンス

毎日キッチンやトイレお風呂で使う水道。
水道には「給水」と「排水」があり、蛇口をひねれば水が出てきます。

家庭内において給水管というと、水道の元栓から水が外に出てくるまでの管の部分のこと。

キッチンであれば、壁や床から水栓向かって伸びてむき出しになっている見える部分の管のことです。
この管はフレキシブルな管でつないであるものもあれば、ジョイント部分にねじを切ってシールテープを巻いてつないでいることもあります。

長年使用して劣化してくると、このジョイント部分から水漏れすることもあります。
この管の中に錆びができたりして、水道の蛇口をひねると最初に茶色の水がでてくるということがあるのです。

給水ですからいつも一定の水圧がかかっている状態です。
そのため、水漏れが起きるとそのまま放っておいて直ることはなく、むしろ水漏れはひどくなっていきます。

水漏れの兆候が見られたら、すぐに修理や給水管の交換を検討しましょう。
特に10年を超える使用を続けていると、そうした症状が出やすくなります。
給水管の錆びや汚れが原因で水の出が悪くなることもありますので、そうなるととても使いにくくなります。

普段あまり気に留めることにない給水管ですが、磨くととてもきれいになります。
新品のような輝きを取り戻すことがあり、見た目にも気持ちがよいものです。
水洗いではなかなか汚れが落ちませんが、車のワックスなどを使うと驚くほどに輝きます。

排水管の形状の意味するところ・排水の水漏れへの対処

水回りに欠かせない大切なものの1つが排水であり、水道の蛇口をひねると水が出るのですが、その水は排水管を通って本管に流れていきます。

その排水管は場合によってはつまることもあるために、その予防ができるようになっています。
形がNのようになっている排水管は、そのような特殊なカーブのある形状にすることで排水に溜まったゴミを取ることができます。
また、同時に大きめのゴミが本管の排水へ流れないように防止する役目があります。
そしてこのような形状にすることで、排水管からの臭いが家庭のキッチンや洗面所などに上がってこないように工夫されているのです。

このような排水管は、キッチンの下や洗面台の下を開けて見ると、すぐに見つけることができます。
とはいえ、これは古くなると水漏れの原因になることがあります。

ジョイント部分や排水のパイプそのものが劣化してしまうこともあります。
水漏れが起きると、応急処置としてねじを締め直したり、シールテープを巻いて水漏れ部分をふさぐこともできます。
パッキンの劣化であれば、交換修理が必要です。
パッキンそのものは安いですが、工具が必要となります。

また、劣化により排水管そのものを全部交換することになると、当然高い技術力・スキルや専門的なノウハウが求められてきます。
お困りの時は、川崎水漏れ修理110番にご相談ください。

厳寒地域に多い給水管の凍結を防ぐ為の水抜き栓

気温が下がる冬期に、給水管に残った水が凍ってしまい、蛇口を捻っても水が出て来ないという事象が発生することがあります。

その凍結を防止するために、給水管内の水を排出して給水管の凍結を防ぐ為の栓が、水抜き栓となります。
別名・不凍栓とも呼ばれます。

新たな水を流すのを止め、同時にその先の給水管内の水を排出する役目を負っています。
水抜き栓は、北海道や東北・甲信など厳寒地域の物件には、設置されていることが多いものです。

通常は水抜き栓は閉められていて、給水管へ通水状態であり、室内側へ向かって水が送られています。
この状態で気温が下がっていくと、給水管にある水が凍ってしまい、蛇口を捻っても水が出て来ない状態になってしまいます。

水抜き栓を開ければ、室内側へ向かって送られる水を遮断して、同時に給水管に送られていた水を排水管へ流し出すことができるのです。
確実に水抜きする為には、室内側の蛇口を開けることで、給水管内へ空気が入り込むので、給水管内の水が完全に排水管側へ流れていきます。

冬期に頻繁に使用する水抜き栓ですが、その寿命となると判断が難しいです。
水抜き栓の開閉の際に耳を傾けて、水抜き栓付近でシューっと音が出ている場合には、水抜き栓内部のパッキンや部品が劣化している為に水漏れを起こしている可能性が大きいです。
そに時は、パッキンや部品を交換することが必要になります。
お困りのさいは、ぜひ当社にご連絡ください。

このページの先頭へ